シュガリミットは本当に大丈夫?副作用や危険はない?

心配する女性画像 副作用と危険性

「食事制限なし、我慢しない新しいダイエット」と注目を集めているシュガリミット。

色々制限されるより、活用ってところが私向き♪と人気急上昇中です。

シュガリミットには、健康や美容に嬉しい栄養素など盛沢山。ダイエットをサポートしてくれる成分が贅沢に入っています。

でも、そんなに成分が入っているのなら、気になるのが副作用。安全性は大丈夫か心配になるという人もいるのではないでしょうか?

そこで、今回はシュガリミットの危険性や副作用について調べてみました。

 

副作用となる危険な成分は?

シュガリミットには配合されている成分がしっかり記載されています。

シュガリミットに含まれている成分は以下、

シュガリミットの全成分

鉄、カリウム、カルシウム、ビタミンA、ポリフェノール、葉酸、バナスリン、HMB、黒胡椒エキス、ビタミンB1、セレン、ナイアシン、ビタミンB2、パントテン酸

基本的には、代謝を高めてたり、細胞の入れ替わりを手助けする成分が数多くサプリメントでよく見る成分ですね!シュガリミットは栄養素が豊富に含まれていますが、副作用となる危険な成分は含まれていません。

食品アレルギーをお持ちの方は注意が必要です。記載されている原材料や栄養成分表示、注意表示等を確認してからお摂り下さい。

過剰摂取には注意を

基本的に、シュガリミットは医薬品ではなく食品ですので、副作用はないのですが、とはいえ、これらはあくまで、適正摂取量・推奨摂取量を守った場合です。

過剰摂取には気を付ける必要があります。

上記の成分の中では、セレンは、サプリメントの過剰摂取で脱毛、胃腸障害、嘔吐や頭痛、下痢といった症状を引き起こすとされています。HMBも過剰摂取は肝臓を酷使し肝機能低下や内臓疲労を招きます。

勿論、成分が危険なのではなく、注意すべきは過剰摂取です。

サプリメントと聞くと、安心してつい大量摂取してしまう方もいます。 早く痩せたいからと言っても、過剰摂取はよくありません。決められた摂取量は守りましょう。

シュガリミットは、通常通りの正しい用法を守って使用すれば、安心して使うことができるサプリメントです。

まとめ

シュガリミットはの副作用や危険性についてご紹介してきました。

繰り返しですがシュガリミットを服用して副作用が出るとしたら、それは過剰摂取をした場合です。

用法容量を守って使用していれば、シュガリミットの副作用を心配する必要はないでしょう。

栄養素を手軽に摂れるからと言って過剰摂取は注意して下さいね!